サケ観察ポイント

2020.11.12

札幌市内のサケ観察ポイントを随時更新しながらお伝えします。

2020年11月11日現在で、東橋周辺に5か所の観察ポイントがありました。

観察ポイント1
サケの産卵環境改善のために掘削した水路の下流でたくさんのサケが産卵行動の最中でした。鱗がはげて白くなっていて見つけやすいです。

観察ポイント2
平和大橋上流側から水路を覗くと産卵床が1つできていて、ペアのサケがいました。この場所はこれから増えてきそうです。

観察ポイント3
中州沿いの浅瀬でサケが産卵中です。たくさんいるのですが、右岸沿いの水路を渡らないといけないので、観察しづらいです。

観察ポイント4
東橋下流の左岸の河川敷から木と木の間に産卵床を守るメスが見えます。流れが速いので見づらいですが、産卵後の尾が白いメスが複数いました。

観察ポイント5
水穂大橋と東橋の中間。右岸側から川を見ると産卵中のサケがたくさんいました。日が出ていないと見づらいですが、鱗が剥げて白くなったサケは見つけやすいです。

詳しい場所は、下記のマップをご参照ください


札幌市豊平川さけ科学館

005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
TEL:011-582-7555
FAX:011-582-1998

さけ科学館指定管理者:公益財団法人札幌市公園緑化協会

ご利用案内

開館時間
9:15~16:45
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12/29~1/3)
入館料
無料
駐車場
詳しくはこちら