豊平川サケ産卵床調査(1回目)

2020.09.30

9月29日と30日に、2020年シーズン初めての豊平川サケ産卵床調査を行いました。
豊平川と真駒内川の合流点から環状北大橋まで、川の中を歩きながらサケが卵を産んだ場所(産卵床)を数えて、位置を記録しました。

また、産卵後の死体(ホッチャレ)を採取し、雌雄、体長、年齢、放流標識の有無も調べました。

【結果】
豊平川本流に例年よりもサクラマスの産卵床が多く、生きている魚はサケよりもサクラマスの方が多く見られました。サケが観察しやすいポイントは、残念ながらまだありませんでした。
サケ(赤) サクラマス(青)

≪2020年9月29日と30日の累計数≫

・産卵床確認数(豊平川+真駒内川さけ科学館横より下流)
サケ産卵床  71ヶ所
サクラマス産卵床 100ヶ所


札幌市豊平川さけ科学館

005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
TEL:011-582-7555
FAX:011-582-1998

さけ科学館指定管理者:公益財団法人札幌市公園緑化協会

ご利用案内

開館時間
9:15~16:45
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12/29~1/3)
入館料
無料
駐車場
詳しくはこちら