サケ稚魚放流(3回目)

2020.04.25

今シーズン3回目のサケ稚魚の放流を行いました。

例年は小学生に放流してもらうのですが、時節柄、今年はすべて職員が放流しています。

日にち 2020年4月23日(木曜日)

放流数 14,400尾

放流場所 豊平川支流の真駒内川

 

職員による放流の手順

①池から稚魚をすくい、重さをはかりながら放流数を計算します

②放流場所(さけ科学館横を流れる真駒内川)まで車で運搬します

③ホースで水ごと稚魚を吸って放流(魚も傷つきにくくてよい)

④放流された稚魚は、流れの緩やかなところで川の環境に慣れ、日没後、下り始めます

前回の放流日(4月10日)の夜、10km下流で行われた稚魚調査。その日のうちに多くが下っていることがわかりました。


札幌市豊平川さけ科学館

005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
TEL:011-582-7555
FAX:011-582-1998

さけ科学館指定管理者:公益財団法人札幌市公園緑化協会

ご利用案内

開館時間
9:15~16:45
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12/29~1/3)
入館料
無料
駐車場
詳しくはこちら