2015年サケ稚魚放流結果

2015.04.23

2015年春、サケ稚魚の放流を行いました。
今年の放流結果をお知らせします。

2015年春のサケ稚魚放流状況

放流結果

放流日     放流尾数  放流場所
3月 4日am   65,300尾 豊平川・平和大橋右岸
3月 4日pm   30,800尾 豊平川・平和大橋右岸
4月14日     10,000尾 豊平川・一条大橋左岸側(東橋小学校放流)
4月17日    20,900尾 真駒内川・さけ科学館横(佐藤水産放流式)
4月18日    15,200尾 真駒内川・さけ科学館横(サーモンスクール放流式)
4月22日    10,000尾 真駒内川・さけ科学館横(真駒内公園小学校放流)
4月23日    15,300尾 豊平川・一条大橋左岸側(東白石小放流)
5月3日      8,000尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月4日     21,000尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月5日     21,000尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月6日     8,200尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流) 
合 計 約225,700尾


2015年のサケ稚魚放流の様子を画像アルバムでご覧下さい。
長い記事ですので、お時間のあるときにどうぞ。
2015年サケ稚魚初放流01
さけ科学館の地下の池で年始からエサをあげて育てたサケ稚魚・第一陣の放流の日、
まずは池から稚魚たちをすくいます。
2015年サケ稚魚初放流02
2015年初めての放流は、まだ雪の交じる寒い日でした。2社のマスコミの方にも来ていただき、
無事に第一陣の稚魚たちが豊平川から海へと旅立って行きました。

東橋小学校放流式
豊平川にかかる橋の名前のついた市内の小学校、東橋小学校の子供たちとサケ稚魚放流式をしました。
豊平川東橋はサケが産卵する場所としてもおなじみの場所。熱心な先生たちが子供たちを川へ連れだして
きてくれます。子供たちのサケ学習のお世話ができることは私たちにとっても嬉しいことです。

佐藤水産放流式
佐藤水産株式会社は、天然サケをおいしく提供した商品が人気の会社です。毎年、新入社員の方たちと
サケ稚魚放流式を行っています。風が強く寒い中、社会人一年生のみなさんと稚魚を放流しました。

2015年サーモンスクール放流式01
札幌市内の小学校には、さけ科学館からサケの卵をもらって放流するまで育てる「サーモンスクール」に参加している小学校があります。この日は、その稚魚たちの放流式です。サケについてみんなで少し学んだら、放流水路に移動します。
2015年サーモンスクール放流式02
小学校で育てられたサケ稚魚たちは、酸素がでる黒いタンクでさけ科学館まで運ばれてきました。
バケツに移すと元気に泳いでいます。
2015年度サーモンスクール放流式03
大事なサケ稚魚たちは無事に子供たちの手によって放流されました。

真駒内公園小学校サーモンスクール放流式
さけ科学館に一番近い小学校である真駒内公園小学校はサーモンスクールに参加しています。
小学校で卵から大事に育てたサケ稚魚を持って、70人近くの児童が歩いて来てくれました。みんなで
館の横の放流水路に放流しました。

2015年東白石小学校放流式
東白石小学校はグラウンドに小学校独自のふ化場を持っています。小学校にサケ学習を取り入れて
30年以上の歴史があります。さけ科学館はサケの採卵と放流のお手伝いをしています。小学校で元気に
育てた稚魚たちを、この日みんなで放流しました。

残りのサケ稚魚たちは、今年の5月3~6日に市民のみなさんと放流しました。
サケ稚魚体験放流2015
体験放流ボランティア
『サケ稚魚体験放流』は、近くの大学の学生さんや日頃から館に関わって下さっている団体の方、大勢の方のボランティアの力を借りて実施しております。
今年も無事に放流することができました。
ありがとうございました。


札幌市豊平川さけ科学館

005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
TEL:011-582-7555
FAX:011-582-1998

さけ科学館指定管理者:公益財団法人札幌市公園緑化協会

ご利用案内

開館時間
9:15~16:45
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12/29~1/3)
入館料
無料
駐車場
詳しくはこちら
ページトップへ